歌手・松原健之(たけし)が気まぐれにつづる文章です。


by matsutakeshi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2008年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

舞台「青春の門」

「父も読んだ、姉も読んだ、俺たちも読んでいく。」
戦後最大のベスト&ロングセラー!青春の門。
今回は『放浪篇』の初の舞台化です。       北九州で幕を開けて28~30まで東池袋「あうるすぽっと」という劇場で行われています。
恥ずかしい話、僕は先生のエッセイや短篇の小説は読ませてもらっているのですがまだ青春の門は読んでないのです。
ということもありとても楽しみでした。      九州を拠点に活動されている若手の役者さん達が中心に作られていました。  迫力のある、リアルなお芝居でした。
いまから50年前の日本はこんなんだったんだ~と改めて考えさせられました。

物にあふれ、何不自由なく暮らしているように感じる今の世の中ですが 確かに何かが欠けている気がします。
これからの日本はどのようになっていくのか…

大河の一滴、他力、風に吹かれて、人間の関係、と。先生の著書の中にそのヒントが隠れているような気がします。

明日が千秋楽です。   お時間のある方は是非ごらんください
[PR]
by matsutakeshi | 2008-03-29 17:17

さっぽろ☆あっぷる

e0121783_12133640.jpg

昨日は札幌キャンペーンでラジオにたくさん出して頂きました。       夜九時からの FMアップルの谷口さん桜庭和さんの番組にも急遽出して頂ける事になりインターネットラジオでも全国の皆さんに聞いて頂くことも出来ました。(^^)v          谷口さん、桜庭さん、本当に素晴らしい方々であっという間の生放送でした。

放送後に写真とりましたので久しぶりにアップします(^O^)/
[PR]
by matsutakeshi | 2008-03-27 12:13

「ご恩返し」

松永伍一先生がなくなってから三週間がたった。

今日発売の週刊現代の中で五木寛之先生が松永先生との思い出を語られていると聞き、僕は深夜のコンビニでソレが運ばれてくるのを待った。
お目当てを手にした僕は急いで部屋にもって帰り、繰り返し読んだ。



正直「僕にはもったいない文章だ」と思った。


しかし、読んでいると松永先生との思い出が鮮やかに浮かんでくるのだ。
あらためて僕にとっての松永先生の存在の大きさを感じた。



僕は最近「ご恩返し」という言葉を頻繁に使ってしまう。
はたしてそんなに簡単に使っていい言葉なのだろうか?!と考えたりもする。

お世話になった方々に本当の意味で「ご恩返し」をするというのは、いったいどういう事なのか、またそれは本当に出来るのか?


今の時点では、与えられた人生を精一杯生きる事だ、と、僕は信じている。
[PR]
by matsutakeshi | 2008-03-24 03:51
のと歌謡祭、恋歌サミットコンサートと石川県での大きなイベントが続きました。
恋歌サミットには今回4年連続4回目の出演になります。金沢望郷歌が誕生したイベントでもあります。

たくさんの応援してくださる方々に囲まれながら今日も全力でうわたせて頂きました。
ホテルの部屋には皆さんから頂いたお花やお菓子、手紙達がいっぱい。     
一つずつゆっくり読ませて頂いてます。
(o^o^o)
月曜に発売の週刊現代の中の五木寛之先生のエッセイ『新・風に吹かれて』に僕の事をかいてくださったようです。
月曜がとても楽しみです。
そして明日は産業展示館でテレビ金沢の春一番フェスタです。
二回のステージ、はりきって頑張ります(^^)v
みんな~きてくださいね~☆☆
[PR]
by matsutakeshi | 2008-03-22 21:46

ホワイトデー

バレンタインでは皆さんに暖かい愛のチョコを頂き有難うございました。

歌でお返し出来るように頑張ります(^^)v これからもよろしくお願いします。
今日は我らが五木ひろしさんの60才のお誕生日です。五木ひろしさんを目標にこれからも頑張ってまいります\(^O^)/
[PR]
by matsutakeshi | 2008-03-14 23:58
あっという間に、待ちに待ったNHK歌謡コンサートも無事終わり今はホッとしています。
今日は久しぶりに友達と食事に出かけると、受け付けの若い子が「蓑」という珍しい名字だったので何て読むんですか~田舎はどちらですか? と聞くと(みの)って読むんです、出身は静岡です!と。          
僕はすかさず 静岡のどこですか~?と聞くと、…磐田です!と。      
急に親近感が沸き、へー、僕は袋井なんですよ~!と言うと、まじですかぁ~?高校はどこですか? と今度は彼が。    
袋井高校だよ!というと ぼくも袋井高校です!!と。

東京のど真ん中で高校の同窓生に偶然会えるなんて~。    
縁って不思議だなぁとあらためて思いました~。

これから生きてるうちにどんな出会いが出来るのか とても楽しみです。
[PR]
by matsutakeshi | 2008-03-13 00:33
e0121783_1118480.jpg

能登空港に着きラポルトすずに向かう途中、地元のラジオをきいていると3月9日はサンキューの日との事~なるほど~。

普段なかなか口にだして言えない『ありがとう』を今日はたくさん言おう!と思った。

NHKのど自慢では金沢市役所の職員さんが「金沢望郷歌」を歌ってくださったらしい、まさにありがとう!だ。

歌手として歌わせて頂けてることに、皆さんに応援して頂ける事に、生かされていることに、『ありがとう』。   サンキュー!!

あっ …さっき実家の母と電話した時「ありがとう」言うの忘れちゃった(;^_^A

明日はNHK歌謡コンサートです。         応援よろしくお願いします\(^O^)/
[PR]
by matsutakeshi | 2008-03-10 11:18

能登空港

小田原、横浜と昨日のキャンペーンにも沢山のかたがたに見守られ楽しい一日でした。         今日は珠洲でオカリナ奏者の上村さんと競演させていただきます。 能登空港にお迎えをしてくださった方々、ありがとうございました\(^O^)/                   あ、今日のお昼のNHKのど自慢は金沢です。   金沢望郷歌をどなたかうたってくださると嬉しいのですが~\(^O^)/

今日も緊張しすぎないようにがんばりまぁす☆
[PR]
by matsutakeshi | 2008-03-09 11:51

大切な方とのお別れ

人生にはたくさんの出会いと別れがあります。

父のように可愛がって頂いた詩人・松永伍一先生と今、お別れをしてきました。 
松永先生が危篤との連絡を受け病院に着いたのは夜九時少し前。
三時間程、そばで付き添い三日、0時6分。先生は眠るように息を引き取りました。
2001年11月に初めてお会いしてからずっと息子のように可愛がってもらいました。

そんな先生との最後のお別れ。
こころからの感謝の気持ちをこめ、手を合わせてきました。
[PR]
by matsutakeshi | 2008-03-05 19:51